吉野の山守さんとつながる家 進捗状況16

内部の仕上げもほぼ終わり設備機器の設置や外部の左官仕上げの工事が進んでいます。
壁が仕上がり一気に部屋らしくなりました。

a0116442_00031361.jpg

キッチンに立つと居間から和室まで見渡すことができます。

a0116442_00031393.jpg

吹き抜けの上の窓から光が入り青空も見えますね。お天気の良い日には太陽の温もりも入ってきます。
a0116442_00031385.jpg
部屋の角に薪ストーブを設置しますが、工事は3月に入ってから。
a0116442_00031280.jpg

吹き抜けの上の小窓は子ども室の窓です。
a0116442_00031264.jpg

吹き抜けの反対側は手摺が通り、空間としてのつながりをもたせています。化粧の柱と梁が階下から見えるようにしています。
a0116442_00040469.jpg
手摺の向こうは家族の勉強コーナーです。置き畳を敷き本箱を並べ第2のリビングになりそうです。
壁際の天井高さは1.8Ⅿ程度ですが、天井際まで窓にすると開放感が増し空間として狭く感じません。
a0116442_00040403.jpg

建具も入り完成まであと少しです。
化粧柱は吉野の川上村で山守をされているお施主さんのご実家の山の桧、梁材や仕上げの床・天井材は吉野杉です。
美しい木がたくさん見える住まいになりました。
a0116442_00214109.jpg



トラックバックURL : https://favoritey.exblog.jp/tb/23668063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2017-02-22 00:26 | 新築 吉野の山守さんとつながる家 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいを設計しています。 奈良県生駒市


by yuriko iwaki
更新通知を受け取る