王寺の家 進捗状況12

今日は電気配線の現場打ち合わせがありました。
a0116442_19461220.jpg


2階剛床にJパネルを使い1階天井として現しにしている部分が多いため、1階の電気配線は床下ルートが多く、床板を張るまでに先行して工事をされています。柱梁の現れた真壁の民家なども同様ですが、構造が現しの建物は配線ルートの工夫が必要になります。
a0116442_19470840.jpg



1階の床材も届きました。吉野杉赤身の一等材です。写真は裏面。木の反りを吸収するために真ん中に太めのVスリットが入っています。
赤身の綺麗な材で、床張りの施工が楽しみです。

a0116442_19472576.jpg



玄関ドアの枠が入り、ポーチ天井の板張りも完了。ポーチは杉板張りの部分の先に垂木現しの天井があります。

a0116442_19474241.jpg




室内は断熱材の施工が進んでいます。3角の部分はこれからです。
a0116442_19464734.jpg

2階の工事も着々と。
天井下地が出来てきました。これから天井の断熱材が入ります。
a0116442_20094937.jpg


打ち合わせが終わり現場を出るころには日没でした。少し前に比べると随分日が長くなったような気がします。
夕方、家の窓に灯りがともるとぬくもりを感じますね。
a0116442_20050709.jpg



今日は春の訪れを感じるような1日でしたがこれからまた寒波が来るそうで、三寒四温と言うにはまだ早そうです。

a0116442_20052688.jpg





”木の住まいの設計”
一級建築士事務所 FRONTdesign  岩城由里子
国産材・県産材を使って木の家づくりをしている設計事務所です。
yiwaki@kcn.ne.jp
奈良県生駒市北田原町1052-2










トラックバックURL : https://favoritey.exblog.jp/tb/238260082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2018-01-31 19:33 | 新築 王寺の家 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいを設計しています。 奈良県生駒市


by yuriko iwaki
更新通知を受け取る