天理の家 進捗状況35

室内建具の建て込みが始まっています。
1階の整形六間取りの空間は今回の改修で再構成しておりますが、基本的なフレームは変えず、新たな建具を入れます。キッチン食堂周りと今回工事範囲を仕切っていた部分が開放され、空間が広がりました。

a0116442_20050908.jpg

建具屋さんが鉋で削って調整しながら建て込まれます。
鴨居の内法高さは、昔の寸法のままにしていますので5尺7寸(1m72cm)程度です。建具屋さんは背の高い人ですが、より大きく見えます。
a0116442_20144359.jpg

キッチンもお使いいただいており、あたたかな空間になりました。キッチンは差鴨居や梁をそのまま化粧で現しました。天井の杉板も少し色が落ち着いてきたように思います。
a0116442_19553655.jpg

床の桧も、ここ4か月ほどでずいぶん色が濃くなりました。敷居から手前は今回工事範囲で養生していた部分なのでまだ白っぽいです。

a0116442_20192436.jpg


玄関回りも仕上がり、下駄箱のキャビネットも設置されました。
伝統的な民家は土間と床の高低差が大きいのですが、上がりやすくするために上がり框の玄関の間から2段の階段を設けました。
a0116442_19553666.jpg


上がり框のところに式台を敷いたり踏み石を据えて高い床に上がる方法が一般的ですが、今回の設計では東側(写真右手奥)への通路を設けるため、玄関の間の床を低く抑え、煙返しの大きな梁下をくぐれる高さを取りました。框の高さの設定は慎重になりましたが空間が出来てみると、太い大黒柱の見え方の比率や面積的な広さに対して違和感のない高さになったように思います。

a0116442_20363199.jpg


2階では電気屋さんが器具の設置中。1か所だけライティングレールを使います。
a0116442_20053789.jpg


丸太の筋交はそのまま化粧でみせています。階段ホールは窓が無いので隣室上部から光を取り入れます。
クールな空間になりました。
a0116442_20053744.jpg





”木の住まいの設計”
一級建築士事務所 FRONTdesign  岩城由里子
国産材・県産材を使って木の家づくりをしている設計事務所です。
yiwaki@kcn.ne.jp
奈良県生駒市北田原町1052-2










トラックバックURL : https://favoritey.exblog.jp/tb/238348402
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2018-02-21 20:49 | 民家改修 天理の家 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki