王寺の家 進捗状況14

外部の木部塗装が終わりました。
外壁が今は黒いこともあり、シックな外観になっています。

a0116442_01033087.jpg


軒裏は垂木、野地板とも化粧の現しです。
軒もケラバもしっかり出しています。長い目で見ると、外壁の痛みを防ぎ建物の劣化を防ぐことが出来ます。
a0116442_01071406.jpg


内部は床板が全て張り終わりました。
a0116442_01073392.jpg


食堂の入口横にウォークインクローゼットの小間を設けており、壁は斜めにしています。
a0116442_01075138.jpg


斜めにする事で、部屋に入った時の視線が庭や居間の方向に向くようにしています。
扉を開けた時の景色。
a0116442_01080847.jpg


二階の階段ホールは天窓から光を取り入れます。
a0116442_01082395.jpg

明るさを多く取り入れるために、天窓まわりは壁を広げてマントル型にしています。
a0116442_01095170.jpg


寝室の杉板天井が張り始められています。
a0116442_01100598.jpg


現場に咲く水仙がとても可憐で、癒されます。
a0116442_01101830.jpg
春の訪れを感じます。







トラックバックURL : https://favoritey.exblog.jp/tb/238349315
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2018-02-22 00:55 | 新築 王寺の家 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいを設計しています。 奈良県生駒市


by yuriko iwaki
更新通知を受け取る