生駒の家 民家再生・セミDIY 進捗状況3

現場の方は床の断熱材が敷きこまれ、床板張りも進んでいます。床レベルが整うと住まいらしさが戻ってきます。

壁の左官の仕上げの確認のために、土塗り壁と砂漆喰塗り壁の見本を工務店さんが作ってきてくださいました。

a0116442_00441633.jpg


現在、浴室などの水廻りは別棟にあるのですが、改修後は既存建物内に設けることになりました。
既存の窓位置を変更するために梁追加の構造補強をしていただくのですが、壁をめくってみると予想外の部分もあり、補強方法を検討して窓の高さを変更させていただくことになりました。
改修工事は新築と違い、現場に合わせて大工さんにその場で手仕事をしていただくことになります。方向性が決まるとささっと仕事をしてくださいます。
a0116442_00443754.jpg

元の建物は竹小舞下地+筋違の入った真壁構造です。間取りの変更に合わせて一部壁を取るところがあり、新たに作る壁には筋違を入れて補強します。
a0116442_02001382.jpg


1階床には全体に断熱材を敷き込みます。床仕上げは畳と杉の厚板張り。断熱材+断熱効果の高い仕上げ材で、冬場の足元からの冷えはかなり改善されると思います。
a0116442_00445440.jpg











トラックバックURL : https://favoritey.exblog.jp/tb/238574011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2018-06-11 07:43 | 生駒の家 民家再生・セミDIY | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいを設計しています。 奈良県生駒市


by yuriko iwaki
通知を受け取る