生駒の家 民家再生・セミDIY 進捗状況7

いよいよ後半の工事が始まりました。
台所の天井を撤去すると大きな丸太梁が出てきました。梁は化粧で現しにします。
真ん中の2畳分ほどは吹抜けにします。上部は落ち棟の低天井で、天窓を設置します。
a0116442_23582658.jpg


床もあっという間に解体されました。 束、大引からやり直し、断熱材も入れます。 

a0116442_23584036.jpg


キッチンの隣の三畳の間の床下から、掘りごたつの痕跡が出てきました。

a0116442_23585183.jpg

真ん中に炉があります。この時代は練炭を入れていたそうで、電気ごたつよりもずっと暖かいようです。
a0116442_23590463.jpg
改修前は板の間でしたが、元は畳敷だったようです。モジュールが本間サイズですので少し広めの三畳の間で、茶の間的に使われていたように思います。


二階も造作工事が進み、形が出来てきました。
左側の壁にはボルダリング用のボードを張ります。階下から壁を登り、柵を乗り越えて二階に上がることも想定していますので、柵の手すり子はしっかりと太めの材にして、吹抜け側には横に一本手掛かりを通しました。

a0116442_23591823.jpg


キッチンのL型ステンレス天板も届きました。天板の大きなこと!最近はビス留めの二分割のものもあるようですが、溶接の一体ものにしています。
真ん中に置く作業台の天板は黒の人工大理石です。充実したキッチンになりそうです。
a0116442_00001275.jpg
キッチンや作業台、カウンターや食器棚などの作り付け家具は、全て大工さんに作って頂きます。
出来上がりが楽しみです。





トラックバックURL : https://favoritey.exblog.jp/tb/238654542
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2018-07-13 23:57 | 生駒の家 民家再生・セミDIY | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいを設計しています。 奈良県生駒市


by yuriko iwaki
通知を受け取る