奈良町西村邸 町家再生計画5

工事は着々と進んでいます。

一階の天井板が張り終わりました。竿縁の竿は既存の竿をそのまま使い、天井板を新調しました。総赤ではないですが、赤身の色が綺麗な吉野の杉板です。年月とともに白太も色が濃くなります。天井が出来ると嬉しくなります。
a0116442_18044844.jpg

今日は大工さんと打ち合わせをしました。
補正しながらの納まりについて、意匠や構造、設備のルートも含めて検討。あちらもこちらも最終の納まりが決まりました。大工さん、有難うございます。

a0116442_18045634.jpg

1階は畳の間から板の間に改修しますが、床の間と床脇はそのまま残します。床の間の框は撤去し、床柱との取り合い部分は赤松の○に沿わせて埋木を加工してくださいました。目立たないように着色します。


a0116442_18054755.jpg


既存トイレがきれいに解体されて、地盤を整備していただきました。現況の寸法に合わせながら新たに水廻りを作っていきます。

a0116442_18044327.jpg










トラックバックURL : https://favoritey.exblog.jp/tb/238800831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2018-10-10 18:03 | 町家改修 奈良町 西村邸 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいを設計しています。 奈良県生駒市


by yuriko iwaki
通知を受け取る