奈良町西村邸 町家再生計画7  土塗り壁

離れの工事は、大工工事が終わり左官工事が始まりました。


a0116442_23160367.jpg


元の仕上げを剥がし、一旦土壁の下塗りをしてその上に中塗りで仕上げていただいています。

a0116442_23162948.jpg



1階2階とも、床の間・床脇付きの空間です。敷地内の離れ・主屋とも大正4年の同時期に建てられたものですが、床の間のつくりを見ると、離れは客間として建てられたように思います。2階の窓からは奈良町が一望でき、若草山も目の前に望むことができます。毎年山焼きの日には空を赤く染める特別な景色を楽しまれていたことと思います。


a0116442_23163477.jpg


欄間障子の薄壁は他のところよりも厚みが薄いため、荒壁のところまで剥がしてから土を塗られます。土塗りはある程度の塗り厚が必要なので薄壁の部分は綺麗に仕上げる技術が必要です。チリと言って柱の面と土壁の面との段差の寸法も、ある程度は無いとすっきりと納まりません。

a0116442_23181284.jpg


スサを混ぜて土練り。たくさんの土を使います。

a0116442_23180731.jpg


離れの1階は畳敷きから杉厚板の床板張りにします。キッチン兼洗面兼収納のつくり付け家具を大工さんに製作していただきました。
和の空間の壁の1面はタイル張りにして違い棚のような棚を作っていただきました。タイルは土に比べると硬質ですが、土壁との相性も良いように思います。

a0116442_23161289.jpg


2階への階段はこじんまりとしたサイズの廻り階段です。壁に体が擦れることもあるので階段内の壁面は杉板張りに。階段周りの壁は柿渋古色を薄めて塗装することになりました。

a0116442_23162052.jpg


庭の隣地との境界の高いブロック塀は、上部を半分程度撤去して低くしてもらいました。
庭の計画で不要な樹木は先行して伐っていただき、少しずつ整理がすすみすっきりしてきました。

a0116442_23182291.jpg


トイレ・シャワー棟の大工工事が始まりました。入口の建具や窓の建具は既存の古建具を再利用します。現場の寸法と建具寸法に合わせた建具枠の納まりついて大工さんと打ち合わせをしました。柱は痛みもみられましたので、耐久性を考えて新しく入れ替えていただきました。結果的に建具も合理的に納まることが出来るようになりました。
古い建物の改修工事は、現場の具合により図面通りに進まないこともしばしば。現場に合わせて納まりを検討すのが面白くもあり難しくもあり、楽しいところです。

a0116442_01102155.jpg

















トラックバックURL : https://favoritey.exblog.jp/tb/238857143
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2018-11-14 07:40 | 町家改修 奈良町 西村邸 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいを設計しています。 奈良県生駒市


by yuriko iwaki
更新通知を受け取る