奈良町西村邸  町家再生計画9

工事も大詰めです。
照明器具や電気・給排水設備器具の設置工事が進んでいます。

キッチン兼洗面の照明器具は、Φ100の球型の器具にしました。
a0116442_21011600.jpg


長押から下の壁はタイル張りで、長押から上はまわりと同じ土壁中塗り仕上げにしています。
a0116442_21010134.jpg




1階の部屋の床は畳敷きから杉の厚板張りにしましたが、床の間床脇の造作はそのままにしています。
障子も元々使われていたものを修理して頂き、紙を張って再び元の場所に納めて頂きました。
床脇の天袋の小襖は古い金箔張りのもので建築当初の100年以上前のものかもしれませんが、美しく味わいがあります。

a0116442_21013197.jpg
床の養生が取れるのが楽しみです。

a0116442_21004745.jpg





二階階段途中の照明は、傘型の壁付けの器具です。器具の質感や出幅など気になるところでしたが、違和感なく納まりました。

a0116442_21014416.jpg

一階の階段入口も、傘型の壁付照明器具です。

a0116442_21113444.jpg

一階二階とも床の間付きの和室が一間ずつある離れ棟ですが、その場その場に表情があります。また、建物に触れるに連れ、住まわれていたご家族の記憶の風景であることを感じます。


こちらは改修して一新したトイレ棟。
隣接するシャワールームの脱衣室も兼ねています。入口の建具は、舞良戸の古建具です。

a0116442_21114587.jpg


離れへは庭からアプローチします。
庭から見ると、縁側や部屋を通り抜けて奥の庭まで見通すことができます。通り抜ける風景は、奥行きの深い町家(敷地)の魅力のひとつだと思います。

a0116442_21120231.jpg

離れ棟竣工まであと少しになりました。


工事はこれから、納屋棟、主屋棟へと進みます。





トラックバックURL : https://favoritey.exblog.jp/tb/238898585
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2018-12-10 22:29 | 町家改修 奈良町 西村邸 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいを設計しています。 奈良県生駒市


by yuriko iwaki
更新通知を受け取る