奈良町西村邸 町家再生計画 離れ棟完成

離れ棟の改修工事が終わりました。

a0116442_12051976.jpg


離れ棟は、1階に1室と2階に1室があり、1階2階とも南北に縁側がついています。
1階はLDK空間で、和室の構成を崩さずに床は畳敷きから杉の厚板張りに替え、キッチン兼洗面兼収納の作り付け家具を設置しました。北の縁側には洗濯機置き場も設けています。
コンパクトにお住まい頂ける空間になりました。

a0116442_12052405.jpg


シンクは洗面としても使えるように、鏡もつけています。
a0116442_16093222.jpg


改修前。
北の縁側の一部に、後付けされた収納棚がありました。このあたりに集中していた構造的な痛みや歪みを直すことになりました。2階の床梁の歪みも直す為、地面からサポートを立てます。そのため天井板は撤去しました。サポートを立てるところのみ部分撤去にして元の天井板を再び使えればと思いましたが、釘がさび付いており外すときに板が割れてしまいましたので、竿縁のみを残し板は新たに張りなおすことになりました。

a0116442_12053426.jpg

改修後。
構造的に弱点になっている箇所に、添え柱を立ててフレームを作り、構造補強を施しました。既存の4枚のガラス障子の解放感はそのまま活かすため、壁を作らずに仕口ダンパーを使用しました。

a0116442_12054103.jpg


改修中。
大引や根太等、足元は痛みがありましたので桧の材に入れ替え、新たに断熱材も設置しました。

a0116442_17594247.jpg


改修後。
縁側の外部のガラスは型板ガラスから透明ガラスに入れ替えました。手前のガラス障子をあけると庭が良く見えるようになり、室内からも庭の緑を楽しむことが出来るようになりました。縁側の床板は既存の板をそのまま使っています。壁は全て土壁塗り。


a0116442_12100495.jpg



2階のお部屋はプライベートルームの寝室です。仕上や和室の構成は元のままですが、建物の歪みを直し、天井には断熱材を入れ天井板を張替え、壁は土壁中塗り仕上げで全面塗り直し、障子の組子の破損部を直して紙を張り替え、襖は元の襖が使えなかったため新設、等々、すっきりと部屋が蘇りました。

a0116442_16104740.jpg


床脇天袋の金箔地の襖は建築当時(大正4年)のものですが、金は劣化が少なく美しいままに保たれています。
1階2階とも床の間まわりは同じ構成になっています。

a0116442_18553646.jpeg


二階の北の窓からはお隣の誕生寺の大きな屋根と、その向こうに若草山を望む事が出来ます。奈良町には元興寺を始め、大小たくさんのお寺があります。大晦日にはあちらこちらから除夜の鐘が重なり聞こえ、大変賑やかとのことです。
お寺の屋根と若草山の景色は、奈良町らしい風景でもありますね。このお部屋は、若草山の山焼きの時には特等席です。


a0116442_18595098.jpeg


二階の南側の窓からは、敷地内の建物の瓦の屋根々と建物の間の庭々が見えます。同じ敷地内にたくさんの建物があり、それぞれの屋根が重なり見える景色も町家の魅力だと思います。とにかく奥に長い地割りの形態が、この景色を生み出していることでしょう。


a0116442_19524174.jpeg




離れ棟の手前のトイレ棟は、入口の方向を離れ棟側に変えて新たに庇をつけました。庇の下を通ると離れ棟まで雨に濡れずに行くことが出来ます。

a0116442_02053046.jpg


元のトイレは男女別トイレ+手洗いの土間空間でしたが、床を張り断熱材を入れ、シャワー室も設けました。

a0116442_16301256.jpg


床壁天井とも杉板張りの空間です。

a0116442_16324699.jpg


建具はこちらも古建具を利用しています。窓は入口の舞良戸の引き戸の引き込み部薄壁に設けています。大工さんにもご苦心いただき無事に納まりました。

a0116442_13360821.jpg






元々この敷地内には浴室が無く、昔ながらの町家の形態はそのままでお住まいされていました。今回の改修計画の中で、浴室を作るかどうするかについても検討することになりましたが、この場、この建物で、奈良町らしい暮らし方を継ぐことが改修のテーマですので、浴室は作らずシャワー室のみを設置することになりました。
近所には銭湯が三つあり、一番近い銭湯は花園温泉。斜め向かいにあり、とても便利です。


a0116442_19185255.jpeg

西村邸には茶室棟もあります。茶室と銭湯。中世に奈良で発祥した淋汗茶湯をするのにもちょうど良い距離感のように思います。




ひとまず離れ棟とトイレ棟が完成し、主屋から離れ棟にお引越し頂きました。
これから、離れむね東側の納屋の改修工事と庭の工事が始まります。

a0116442_16142973.jpg


渡り廊下の東西に庭があり、東側の庭は手前の茶室の露地のような庭です。

a0116442_16143456.jpg


作庭計画は、庭師さんとの打ち合わせでおおよそ決まりました。庭の様相で空間のイメージが大きく変わりますので、出来上がりが楽しみです。

a0116442_16143637.jpg



設計:frontdesign
施工:有限会社武中建設
作庭:土屋作庭所















トラックバックURL : https://favoritey.exblog.jp/tb/238971115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2019-01-07 12:03 | 町家改修 奈良町 西村邸 | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいを設計しています。 奈良県生駒市


by yuriko iwaki
更新通知を受け取る