丈夫な畳

先日、土佐のイ草づくりの話をお聞きする機会がありました。

今の日本で使われている畳表は8割が中国産で、国産は2割程度です。
そもそもなぜ中国産の畳ができたかというと、高度経済成長期時代に増え続ける畳の需要に国産のイ草農家が対応できず、イ草の苗を中国に運んで栽培して日本に輸出するようになったからで、日本のお国事情で中国に産地が拡大したわけです。その後、住宅事情の変化により畳の需要が激減し、価格の安い中国産がシェアを占めるようになりました。

中国でのイ草栽培は日本に比べると農薬の規制がゆるく、また製造された畳表は輸送中にカビが生えないように防カビ材も多く使用されている為シックハウスの原因にもなります。通常の設計時には熊本産の畳表を指定しておりますが、今回話をお聞きしてイ草生産農家の使われるイ草の品種で畳表の強さが違うことを知りました。
日本では熊本、広島、岡山、高知などが古くからイ草の産地です。高知のイ草農家は最盛期は2500軒以上あったところ現在は2軒になったそうです。そのうちの1軒の野村和仁さんは、昭和40年ごろから続く品種「せとなみ」と「岡山3号」にこだわられて現在もイ草の生産をされているそうです。見た目の良さや気候変動下における栽培のしやすさなどで次々と品種改良がされても、丈夫で長持ちする畳表はこの2種に勝るものはないそうで、野村さんの生産する畳表は全国で生産されている畳表の中でも他の追随を許さない耐久性を誇るそうです。
これらの品種は、イ草の命ともいえる灯心(い草の中に詰まっているスポンジ状のもの)がしっかりとしているため、製造される畳表はクッション性があり表面が傷みにくく、毛羽立ちも起こしにくいそうです。そして美しい黄金色になり20年以上も長持ちするそうです。
経年変化で黄金色になり、ささくれなくふっくらとした目の詰まった畳表がとても美しいです。

a0116442_17020398.jpg


今回、この野村さんの生産される畳表を扱っておられるじゃぱかるさんの話をお聞きしました。


じゃぱかるさんは、日本人のアイデンティティに深くかかわってきた畳文化とそれを支えてきたイ草農家の背景を多くの方に知ってもらい、そのうえで消費者が日本のイ草で織られた畳に価値を感じ、選び、使って頂くことで、イ草産業と畳文化が残って行けばという想いで活動をされています。この話をお聞きして、私たちが活動している奈良をつなぐ家づくりの会の主旨に似ているなと思い親近感を覚えました。

畳業界ではまだ産地偽装もあるそうで、野村さんのつくられる本物の土佐表を間違いなく消費者に届けたいとのことで野村さんの畳を直売されるようになったそうです。

野村さんのつくられる土佐表の良さを知るためにも、和ござとして販売されている1畳分のごさを買ってみました。
事務所に敷いておりますので、ご興味のお有りの方はぜひ見に来てください。

吉野杉の床の上に土佐表の和ござです。

a0116442_17015855.jpg















トラックバックURL : https://favoritey.exblog.jp/tb/239124260
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by frontdesign | 2019-02-26 07:01 | 和室と日本建築  | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいを設計しています。 奈良県生駒市


by yuriko iwaki
更新通知を受け取る