ポンちゃんの家 進捗状況2

加工場では墨付けも終盤で、手刻みも始まりました。

丸太を擦った二本の太鼓梁と台持ち継ぎの2本の丸太の地棟を組み、構造として化粧で現しにします。木は自然の反りがありますので、使う材に合わせて高さ寸法を決めていきます。先日、現物を見ながら最終の墨の打ち合わせをしました。

a0116442_00492003.jpg


若手の大工さんも親方に倣って丸太の墨付けをされています。角ものとは違いますので墨付けも技能が必要です。材として考えると、丸太は捨てる部分が少なくそのまま使えて良いなあと思います。乾燥はしにくいですので収縮もありますし、強度的にも大き目の材を使いますが、横架材の場合は自然の反りを利用して荷重を支えることができます。

a0116442_00493266.jpg

構造材は全て吉野の桧と杉材です。近くに良質の木の産地があることは大変有難く思います。

a0116442_00433316.jpg


加工場にはうず高く材木が積まれており、次から次へと墨付けをされてきました。
a0116442_17573316.jpg

大きな材に墨をつけるときは、ひっくり返したり積み上げたりするのには相当な力が要ります。大工さんは力持ちだなぁとつくづく思います。

a0116442_17573370.jpg




現場の方は基礎の型枠が取れて、天端均しが終わっています。ポンちゃんの家は空気集熱式太陽熱利用システムの「そよ風」を搭載するため、基礎断熱にします。

a0116442_10404575.jpg


この敷地にはもともと家が建っていたそうです。過去の航空写真を見ていると、その家が建つ前は林地でした。これから家が建ち再び新しい風景に更新されます。
棟上げが楽しみです。

a0116442_10405827.jpg






# by frontdesign | 2018-06-30 00:40 | 新築 ポンちゃんの家 | Trackback | Comments(0)

生駒の家 民家再生・セミDIY 左官下ごしらえ

工事は着々と進んでいます。

左官壁は全て塗りなおしをます。座敷廻りと玄関廻りの施工は左官屋さんにお願いして、その他のところはお施主様DIYで作業をされることになりました。まず初めに表面の仕上げ材を落とす作業。スタートの日には左官屋さんに来ていただき、仕上げの剥離の方法を教えていただきました。

a0116442_00075970.jpg

工務店さんのほうで道具をご準備いただき、ご一緒に。

a0116442_00081150.jpg

一旦壁を湿らせて、丁寧に剥離します。真壁は柱や差し鴨居に囲まれた範囲に区切られていますので、区切りのない大壁より安心して作業ができます。

a0116442_00082522.jpg


一部撤去した土壁の土は廃棄せずに再利用をすることにしました。左官屋さんに電動ふるい機をお借りして、解体した土をふるいに掛けました。これもお施主さんDIY作業です。この電動ふるい機は、網の上の土をガタガタと振動させながらふるいにかけ、荒壁の大きなスサや表面の固まった仕上げ材は網の上に残し、細かい土とに分離することができます。強力な振動で土の塊も粉砕され、網を通って細かな土になりました。土埃がたちますが、あっという間にふるい分けられます。

a0116442_00084122.jpg

網から下に落ちた土。細かいスサはこちらに落ちます。

a0116442_00085208.jpg

ふるい分けられた荒壁のスサと表面仕上げ材。
荒スサが多いのでごみの重量がかなり減りました。このスサは荒壁のつなぎになっていたスサです。

a0116442_00100269.jpg

細かい土は土塗り壁の材料として新しい土に混ぜて使います。それほど多い量ではないのですが、土を再利用できごみも減りますので嬉しく思います。


土も木も、再利用できる材料です。大工工事で出る木の廃材は薪ストーブの燃料になったり、工作の材料にもなります。建築工事は多くのごみが出るものですが、自然の材料を使っていると次の利用方法もありますので環境負荷も少なくなります。











# by frontdesign | 2018-06-29 08:06 | 生駒の家 民家再生・セミDIY | Trackback | Comments(0)

生駒の家 民家再生 ・セミDIY 進捗状況5

生駒の家の現場は、階段の墨付けが始まりました。スケルトン階段ですので、表も裏も全てが見えるようになります。大工さんが黙々と墨付けをされています。


a0116442_13275766.jpg


この部分に階段を掛けます。柱の見える真壁の家は真壁ゆえの大工さんの手仕事があり、特に階段周りは手間をかけられるところです。

a0116442_13280154.jpg


玄関横収納室は、土間部分の框が出来ていました。斜めの部分もピシッと入れていただきました。

a0116442_13280622.jpg


杉の厚板を張っていただいています。こちらもピシッと。

a0116442_13281114.jpg



二階には、左官道具一式が置いてありました。コテには田マーク。工務店さんがご準備くださった道具のようです。
二階はD IYで仕上げます。
a0116442_00101228.jpg



後半の工事で設置をする天窓も届いています。
キッチンに明るさを取り入れ、1階も2階も建具を開放すると家じゅうの熱気を天窓から放出できるように開口を設けています。雨が降ると自動的に窓が閉まるVELUX製の天窓です。

a0116442_13284298.jpg


縁側のある住まいです。
冬場はしっかり南の陽が入ります。真冬の打ち合わせの時も、この縁側は太陽の温もりを感じる場所でした。
前庭には植栽が多く、室内からも緑を楽しむことが出来ることでしょう。景色を取り込むだけでなく、暮らしの一部として生きた空間になりそうです。縁側の軒下に野菜を吊るしたり、梅干しを干したり、庭と中をつなぐ縁側が暮らしのたいせつな要素になるように思います。

a0116442_13281593.jpg












# by frontdesign | 2018-06-19 17:20 | 生駒の家 民家再生・セミDIY | Trackback | Comments(0)

生駒の家 民家再生・セミDIY 進捗状況4

工事はあちらこちらと並行して進んでいます。

玄関ホールにかける階段の材料が現場に届きました。
a0116442_18482411.jpg
こちらはささら桁。
吉野桧の無垢板です。素晴らしく立派な良材をご用意いただきました。有難うございます。
a0116442_18482780.jpg

こちらは階段の段板。同じく吉野桧の1枚板です。
こちらも惚れ惚れするような良材で、階段が出来上がるのが楽しみです。スケルトン階段ですので表も裏も全て見えて、材の良さがより感じられることと思います。
a0116442_18483120.jpg

2階は床板張りが始まりました。コツコツと張り進めていただいています。
a0116442_18483523.jpg

先日打ち合わせをしました補強梁も無事に設置いただき、窓も取りつきました。
a0116442_18483956.jpg

30年ほど前に増築された10畳の部屋は、浴室と脱衣室と3畳の作業室になります。壁の仕切りがだいぶ出来てきました。
a0116442_19261450.jpg


主屋の玄関横には、長い土間のある収納室を設けます。この収納室にはキッチン・洗面側からと玄関側からアクセスできるのですが、玄関横からのアクセスは”土間またぎ”です。仕上がるとあと10cmぐらい狭くなって、跨ぎやすくなると思います。
お子さま用にスノコを置いた方が良いかどうか。動線のクロスするところです。

a0116442_19261953.jpg

玄関収納室は一部吹抜けにして、2階まで上がるボルダリング壁を設けます。今日はお施主さんと工務店さんと一緒に、ボルダリング壁の打ち合わせもしました。合板に等間隔で穴をあけて爪付きナットを埋め込んでいくようです。一面に等間隔にナット穴があるので、ホールドは自由な位置につけ変えることが出来るようです。ボルダリング壁作成もお施主様のセミDIY。とても楽しみです。


現在お住まいされながらの全体改修工事ですので、工事は前半工事と後半工事の範囲を分けて進めていただいています。前半工事の解体を進める中で全体の構造の状況も見えてきて、後半工事での変更なども考えながら現場を見ています。

改修するにあたり、新築のように新しいもので綺麗にするのではなく、古い建物の良さや手仕事の良さを感じることが出来るように仕上げていきたいと思います。空き家の民家を再生し、住み継ぐことを選択されたお施主様のセミDIYの家づくりです。










# by frontdesign | 2018-06-14 21:22 | 生駒の家 民家再生・セミDIY | Trackback | Comments(0)

木年貢

先日、妻籠の南木曽町博物館で木年貢の実物大の展示を見ました。
山間地は耕作面積が狭いため、お米の代わりに木年貢を納めて木年貢に見合った下用米が支給されていたそうです。

木曽と言うと桧が大変有名ですが、木年貢は木曽桧を中心に木曽五木と呼ばれる(ヒノキの他、サワラ、アスナロ、ネズコ、コウヤマキ)で納められていたそうです。の丸太をみかん割りにし、芯と白太を取って台形に成形されています。大きい方は土居と呼ばれ、断面の3方は30㎝、腹(木の芯側・上の平らなところ)は12㎝。このサイズは、かなりの大径木からしかとる事ができません。長さは時代によって違っていたようですが展示のものは1Ⅿ程度でした。小さい方は榑(くれ)と呼ばれ、3方が12㎝、腹は7㎝、長さは1.5Ⅿ程度。

a0116442_17124195.jpg

木曽谷は95%が山林で建築用の良材の産出地ですが、関ケ原の戦い後の江戸初期には城郭・城下町・武家屋敷・造船などの材として大量に伐採されたため、山が荒廃しその後には森林保護のために伐採禁止になり木年貢も廃止されたそうです。


木曽五木。手前から
ヒノキ  サワラ  アスナロ  ネズコ  コウヤマキ
どれもよく似ています。
a0116442_17124492.jpg

森林を管理していた尾張藩は、当初はヒノキのみを伐採禁止に指定したそうですが、誤伐を防ぐ為にヒノキに似ているアスナロ、サワラが禁止になり、貴重なコウヤマキ、その後ネズコが伐採禁止になったそうです。その後にケヤキも追加されたとのこと。
禁伐木を1本伐っただけで打ち首になったそうで、「木一本に首ひとつ、枝一本腕ひとつ」と言われていたそうです。誤伐で首が飛ぶこともあったかもしれません。恐ろしい。


5つの木の葉。左から
コウヤマキ  アスナロ  ネズコ  サワラ  ヒノキ

a0116442_17124887.jpg


コウヤマキ以外はよく似ていて、なかなか区別できないですね。










# by frontdesign | 2018-06-13 07:51 | 山のこと | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki