銘木 変木

先月のことになりますが、女性建築士の和室勉強部会ツアーで、桜井の菅生銘木市場を見学させて頂きました。
菅生銘木さんは、主に和室や数寄屋建築に使われる銘木を扱われています。規模が大きく、床柱、天井板、杉皮のようなものから、一枚板のテーブルの天板まで、様々な銘木を見せて頂くことが出来ます。
中でも変木はみなさんの興味のまとになり、しばらく変木のところで担当の方から説明をお聞きしました。変木は自然のままの木の格好が魅力です。凄いのもありますね。
a0116442_01545125.jpg


雑木の中曲がりは茶室で重宝される材で、良い曲がりのものはとても貴重です。同じものは二つとありませんので、木との出会いは一期一会です。
束にしてある細木は、数寄屋の土庇の垂木や天井の竿など、横にして使われるものです。連続して使うので束で売られています。
a0116442_01550727.jpg


「磨きの中曲がりは如何ですか」と立てて下さいました。
このように、真っ直ぐな木が途中で膝のように曲がり、また真っ直ぐになっているのが中曲がりです。中曲がりは片側に壁をつけて、壁止まりの柱として使うと曲がりの良さがよく出ます。この写真の場合は左を壁にすると良さそうです。外部の独立柱で使うのも良い格好になります。もう少し細いものだと横にして落としけとしても使えそうです。
a0116442_01552002.jpg


中曲がりを独立柱で使うと、このような感じになります。(吉城園)
a0116442_22381688.jpg

こちらの柱は中曲がりではありませんが、よく見ると真っすぐではなく自然の丸太です。大工さんが形に合わせて光らせながら木を組まれます。こちらも吉城園。お茶室なので蹲があります。
a0116442_22381109.jpg



丸太の太さを決めるのはなかなか難しく、広間の床柱などは、空間に対して細さが過ぎると一気に貧弱になり間が崩れてしまいます。
昭和を代表する日本建築の巨匠でも、数寄屋建築の工事中に現場を訪れて仮に立てた磨き丸太の床柱の太さに悩まれ、大工さんに年輪一枚分をめくってもらったという逸話も有ります。年輪一枚分、、1年で3ミリとすると両側で6ミリなので見かけは変わるでしょうね。
真行草の様式で、使われる樹種や太さの加減も変わりますが、ギリギリの太さ(細さ)を狙って違和感のない程度が丁度良いところかと思いますが、いかがでしょうか。



絞り丸太の一角に、出節丸太と言うよりは出枝丸太が並べてありました。クリスマスツリーみたいで、見ているだけで楽しくなります。枝は固く、大人でも枝に足をかけて登れるそうです。自然の枝を残した木は、傷をつけずに輸送するのが大変とのことでした。
a0116442_01553354.jpg

銘木屋さんにはいろいろな木があります。




# by frontdesign | 2018-01-11 07:50 | 和室と日本建築  | Trackback | Comments(0)

天理の家 進捗状況31

居間と座敷周りの大工仕事が終わり、洗い屋さんが入っています。左官仕上げの前に木部を洗って頂いています。
a0116442_04411323.jpg


そして工事は玄関周りに移ってきました。足元が痛んでいた柱は根継ぎをして下さり、鎧張りの腰壁との取り合いもうまく納めて頂きました。
a0116442_04412658.jpg


玄関内は、開口部だったところに柱を立てて壁を作って頂いています。この部分の下地は荒壁パネルにしています。
a0116442_04414624.jpg



壁が出来てきましたので、框の納まりやレベルのこと等について大工さんと打ち合わせをしました。
改修工事ですので寸法は現場に合わせていくのですが、空間が繋がっていくところでは他との整合性を考えながら決まりをつけていきます。レーザーでレベルを見ながらの打ち合わせになりましたが、離れた位置まで同時にレベルの墨が付けられるので本当に便利ですね。
a0116442_16040799.jpg








”木の住まいの設計”
一級建築士事務所 FRONTdesign  岩城由里子
国産材・県産材を使って木の家づくりをしている設計事務所です。
yiwaki@kcn.ne.jp
奈良県生駒市北田原町1052-2







# by frontdesign | 2018-01-10 18:30 | 民家改修 天理の家 | Trackback | Comments(0)

王寺の家 進捗状況8

お正月休みが終わり、先週末から工事が再開しました。筋違が入り、間柱と窓枠の下地も入りました。
a0116442_23105331.jpg

まだ骨組みの状態ですが、窓枠の下地ができると窓から見える景色もわかり、室内のイメージが具体的になります。家の完成に少し近づいてきたと思える瞬間です。
a0116442_21465479.jpg

1階の食堂の開口部は、手前に長いベンチを設え小上がりのウッドデッキに出入りする掃出し窓になります。南側道路ですので冬場の日照は十分に見込めます。
a0116442_21465429.jpg



今日から2階剛床のJパネルが張り始められました。1階部分の天井の半分以上はJパネルを現しにしますが、柔らかい色目でとても良い感じです。そして、吉野杉の化粧梁の綺麗なこと!化粧材は製材所さんで番付けをさせていただきましたが、使われる材料とも一期一会ですので嬉しい限りです。
a0116442_21465477.jpg



冬至が過ぎ、1日1日少しずつ日が長くなっておりますが、まだ日没は早く夕方からは投光器を点けられます。
寒い中、お疲れさまです。
a0116442_23105327.jpg


カテゴリ 王寺の家 


”木の住まいの設計”
一級建築士事務所 FRONTdesign  岩城由里子
国産材・県産材を使って木の家づくりをしている設計事務所です。
yiwaki@kcn.ne.jp
奈良県生駒市北田原町1052-2




# by frontdesign | 2018-01-10 07:20 | 新築 王寺の家 | Trackback | Comments(0)

杉板の床

この冬は、12月から寒い日が続きますね。
事務所の床は吉野杉の厚板で、足触りが温かく冬場もなかなか快適です。
a0116442_23240248.jpg


温かいのは柔らかい(密度が低い)からなのですが、柔らかいゆえに床に張ると傷がつき易く事務所の床にもたくさんの傷があります。しかしながら柔らかいことが良いことに、ある程度の傷なら補修ができます。傷のある部分を水で湿らせて布をあて、布の上からアイロンで熱を加えると、凹んでいた部分が膨らんで元の状態に近くなります。不思議な復元力ですが、本当に柔らかいんです。

a0116442_23263713.jpg



杉の一等材(節のある材)を張ってありますが、同じ一等材でも節が多い板と少ない板があります。節の少ない板をまとめてはったり、節の多い部分をまとめて張ったりしています。この階段の踊り場は節の多い材が張ってあります。
事務所が出来て3年目で、木の色も少しずつ濃くなってきました。まだまだ濃くなります。

a0116442_23240374.jpg




このような杉の無垢板の床は一戸建ての木の家に使うイメージが強いと思いますが、マンションの床にも遮音のための下地を施すと使うことができます。(マンションに無垢板を張るときは、下地を遮音の為の2重床にしないと遮音が出来ず階下や近隣に音が響きますので、下地を合わせた工事が必要になります。)杉の床は調湿作用もありますので、床を張り替えただけでも結露を減らす効果があるようです。

マンションだけど、自然を感じる木の住まい。
木の住まいは子どもにとても優しい住まいになりますが、子どもが巣立った後の住まいとしても暮らしに豊かさをもたらしてくれます。
集合住宅にお住まいの方にも、木の住まいの魅力を知っていただけると嬉しく思います。



4年前に設計をさせていただきました生駒のマンションリフォームの事例です。杉の木をふんだんに使い、間取りも大きく変更しました。
スクエア型のキッチンを中心とした木の住まいです。





”木の住まいの設計”
一級建築士事務所 FRONTdesign  岩城由里子
国産材・県産材を使って木の家づくりをしている設計事務所です。
yiwaki@kcn.ne.jp
奈良県生駒市北田原町1052-2










第2回プラチナブロガーコンテスト



# by frontdesign | 2018-01-09 07:20 | 設計について考える | Trackback | Comments(0)

障子の妙

お正月には実家に泊まりに行きました。
暫く前に二部屋ほどを改修し、一部屋の開口部には障子を六枚入れました。冬場、太陽高度が低い時期の晴天の日には、窓近くに植えてある樹々が障子に影を作り、水墨画のように見えることがあります。自然に作られる不思議な光景です。
残念ながら実家の窓外の木は野太い常緑樹のため、決して風流とは言い難いですが、落葉樹や半常緑樹だと木の枝ぶりや木の葉が風で揺れる影を楽しむ事が出来そうです。
窓近くの木の影は濃く、少し離れた木の影は薄く、墨絵のようです。

a0116442_03571521.jpeg

障子の外側にはアルミサッシが入っていますが、この季節は障子を開けるとサッシとの間の空気が冷たいですので、内障子の断熱効果はかなりありそうです。

ガラス戸が無かった時代は、昼間は外との境は障子一枚。韓国の民家では、障子の紙を障子のサイズよりも少し大きくはみ出して張り、戸を閉じた時にできる隙間をはみ出した紙で埋めるように工夫していたそうです。
障子に両面から紙を張る太鼓張りにすると、空気層が出来て断熱効果は高くなります。



”木の住まいの設計”
一級建築士事務所 FRONTdesign  岩城由里子
国産材・県産材を使って木の家づくりをしている設計事務所です。
yiwaki@kcn.ne.jp
奈良県生駒市北田原町1052-2







第2回プラチナブロガーコンテスト



# by frontdesign | 2018-01-08 08:00 | 設計について考える | Trackback | Comments(0)

国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 奈良県生駒市


by yuriko iwaki